ABOUT US

    現代病である“肥満”は、日本においても大きな問題であり、肥満人口は増加しています。また腹腔鏡手術の普及と共に、肥満外科手術、すなわち肥満を治療する手術が世界的に増加してきましたが、日本でも追随するようにニーズが高まり、現在約50施設が肥満外科手術に取り組んでいます。

    麻酔科医にとって肥満患者の麻酔に最もストレスを感じるのは、気道管理でしょう。気道を閉塞させることなく安全な全身麻酔を行うため、患者のポジショニングは非常に重要です。当社でご紹介するのは肥満患者のポジショニングを最適化する枕で、英国のNAP4(麻酔国家監査プロフェクト)も推奨しているデバイスです。

    私たちは肥満患者に質の高い全身麻酔ができるようお手伝いいたします。

                                                                                                                                                                      代表取締役 白石 としえ